応援中!

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ネコがいた夜/感想

2009年02月21日 23:40

 Language×Language様がDLフリーで公開しているアダルトPCゲーム「ネコがいた夜」のレビュです。(DLはこちら
090221.jpg
 恋愛に限らず、勇気とか希望とか、理想といったものは二次元の中にしか存在しないのではないか?

 現実をつまらないと言いながら、過去に抱いた理想を今も忘れられない中途半端な主人公と、彼の前に現れる謎のヒロイン。イベントシーンへと突入して、鶴の恩返しシチュから泣きゲーのエンディングへ。
 少女創作をメタ的に使い、KEY作品を意識したシナリオとビジネスのテイストが、相羽作品だなと思わせてくれました。エッチシーンは純愛を際だたせるためと言うことですが、確かに今回のようなショート作品では純愛の心理描写を丁寧意に描くよりも、ストレートに2人の関係を表現できていると思います。でも充分に純愛を描けるだけの設定はつくられていると思いましたよ。

 プレイ時間は30分程度で丁度アニメを1話見るくらいのお手軽さですが、演出はなるほど、練習用というだけあって色々詰め込んだ・作り込んだ感が伝わってきます。個人的にブログでの進捗メモと合わせて2倍楽しませていただきました。
 霧生さんのヒロインがまたエロ可愛い。むしろエロい(笑)。私が絵師だったら、あのシナリオにはもっとロリっ娘を装填しそう。ギャルゲーを意識したであろうキャラデザは見習いたいわ。


リトルバスターズ エクスタシー 通常版リトルバスターズ エクスタシー 通常版
(2008/09/26)
Windows

商品詳細を見る
スポンサーサイト
拍手する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://jellying.blog98.fc2.com/tb.php/52-fbd7a102
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。